プラステンアップの副作用

プラステンアップは安全?成分効果と副作用の危険性を徹底解析!

プラステンアップは安全?成分効果と副作用の危険性を徹底解析!

この記事ではプラステンアップの副作用について解説します。

 

プラステンアップに含まれている成分の効果を一つ一つ解析した上で、副作用の危険度を一覧でまとめてみました。

 

プラステンアップの安全性が気になっている人は、この記事の内容をしっかり読んでいって下さいね!

 

成分名 効果 副作用危険度
砂糖 大切なエネルギー源であり、身体や脳が発達期にある子どもであれば運動量に応じて砂糖が必要となります。
ミルクカルシウム 骨や歯を作るほか、筋肉の収縮や弛緩、脳からの指令を各部位に届ける情報伝達にも大きく役立ちます。
レモン果汁粉末 レモンの香りで飲みやすく仕上げるために配合しています。
粉末還元水飴 甘味を感じさせつつ、血糖値を上昇させず、胃や腸で吸収されにくいので肥満が防止できます。また、虫歯を予防する効果もあります。
コラーゲンペプチド たんぱく質の一種であり、骨や筋肉の成長を促進するものです。摂取する際はビタミンCと同時の方がより効果的です。
ギャバ 気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用を持ちます。興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えるので、ストレスを緩和し、リラックスすることが出来ます。
スピルリナ原末 いわゆるスーパーフードです。必須アミノ酸をすべて含むという栄養価の高さ。質の高いたんぱく質を多く含んでおり、消化吸収力も抜群です。
クワンソウ粉末 睡眠の質が向上すれば身長が伸びやすくなるというところに着目して、疲労回復や新陳代謝を向上させ、睡眠のしつを改善するとされるクワンソウ粉末が配合されています。
乳酸菌粉末 古くからその腸内環境を整える力が評価されている乳酸菌ですが、それだけではなく、内臓脂肪を減らしたり、身体の免疫力を高める力も見込めます。
ビフィズス菌末 人の腸内に最も多く住んでいる善玉菌です。腸の中で酢酸を作り出すことで殺菌効果も得られ、腸の粘膜も保護されます。
オルニチン 成長ホルモンの分泌を促します。また、睡眠や目覚めの改善が期待できます。筋肉疲労を軽減する効果もあります。
シトルリン 運動パフォーマンスを向上させ、血流を促進します。抗酸化作用もあり、疲労を軽減させるとも言われています。
α-GPC加工品/酸味料 成長ホルモンの分泌を促進するとともに、ストレスホルモンの分泌を抑えてくれます。また、学習能力をアップさせ、競技パフォーマンスの向上も効果が見込めます。
炭酸Ca 骨の成長に欠かせないカルシウムを強化する目的で配合されています。
V.C コラーゲンの生成を助けます。免疫力を高めたり、鉄分の吸収を助けたりという効果も得られます。ストレスに対して抵抗力をつけてくれます。
甘味料(ステビア、甘草) ステビアも甘草もどちらも植物由来であり、砂糖よりもまろやかであったり、コクが出たり、嫌な味をマスキングすることが出来ます。
V.E 抗酸化作用が強力であり、末梢血管を拡張させるので血行を良くする作用もあります。
ナイアシン エネルギーを作るのに重要な役割を担っており、血液の循環を良くして肌や毛髪を健康にする効果があります。
香料 リラックス効果・リフレッシュ効果を期待して配合されています。
パンテトン酸Ca 糖質、脂質、たんぱく質を代謝させ、エネルギーを生み出すのに必要な酵素を補助しています。皮膚や粘膜を健康に保ちます。
V.B1 糖質からのエネルギーを再産する際に補助する働きを持ちます。皮膚や粘膜を健康に保ち、脳神経系を正常に働かせることにも一役買っています。
V.B2 成長促進に欠かせない発育ビタミンとして知られています。脂質や糖質、たんぱく質をエネルギーに変える際に活躍します。
V.B6 たんぱく質をエネルギーに変える際に必要な栄養素です。筋肉や血液を作る際にも作用しています。
V.A 目の角膜、鼻等の粘膜や皮膚を健康に保つのに必要なビタミンA。不足すると骨や歯の発育不全となってしまいます。
酸化Mg 便秘の改善に使用されるほか、尿路蓚酸カルシウム結石の予防にも使用されます。
メチオニン 必須アミノ酸の一つ。肝機能をアップさせる、ヒスタミンを抑えてアレルギーの原因を減少させるといった効果があります。
トレオニン 必須アミノ酸の一種であり、人の身体で作り出すことが出来ません。ホルモンの分泌を活性化します。また、細胞の新陳代謝を高める効果もあります。
グルタミン 体内で最も多い遊離アミノ酸であり、筋肉の分離を抑制したり、消化管機能の補助、免疫力アップ、傷の修復といった効果が見込めます。
シスチン 解毒作用があり老化や病気から身体を守ってくれる効果の他に、肌を健康に保つ効果、美白効果もあります。
チロシン アミノ酸の一つ。ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの材料となり、集中力や判断力、決断力を高める効果があります。
アルギニン 準必須アミノ酸。免疫細胞を活性化したり、成長ホルモンの分泌を促進するという効果を持ちます。
グリシン 近年では睡眠の質を高めるアミノ酸として有名になりましたが、コラーゲンの3分の1がグリシンであり、運動や呼吸といったような身体機能にも影響を与えます。
アラニン 肝臓の働きを助け、身体にとって必要不可欠な糖を合成する材料となるアミノ酸です。
アスパラギン酸Na アスパラギン酸はカリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルを体内に運んだり、たんぱく質を作ったりといった働きがあります。そのアスパラギン酸を水に溶かしやすくするためにナトリウムと結合させたのがアスパラギン酸ナトリウムです。
ヒスチジン 子どもにとっては特に外から取り入れるしかない必須アミノ酸です。疲労感を軽減し、注意力を向上させるとも言われています。
プロリン 皮膚に潤いを持たす成分として知られています。また、エネルギー源としても活用されています。
セリン 肌に潤いを保ち、肌老化を防ぐとされるアミノ酸ですが、脳の代謝を促進するので、記憶力や神経系の機能を高める成分です。
ロイシン 肝機能をアップさせ、血糖値を調整します。また、疲労を回復させ、筋力が高められる成分です。
イソロイシン 必須アミノ酸の一つです。甲状腺ホルモンの分泌を促すので、代謝をアップさせ、筋肉の成長を補助します。よって身長の成長にも期待できます。
バリン 筋肉や肝臓に働きかけ、エネルギー源となる成分です。疲労回復やスタミナアップと並んで、脳の神経系の機能向上にも役立ちます。
葉酸 赤血球の生産を助けるビタミンであり、核酸やたんぱく質の生合成を促進します。細胞の生産・再生を助けます。
V.D カルシウムのバランスを整えるのをサポートします。よって骨の健康を保持します。免疫力アップ、がんや糖尿病にも効果が見込まれています。
V.B12 神経や血液細胞を健康に保ってくれ、DNAの生成をサポートします。また、貧血予防にも効果的です。

 

副作用危険度:当サイトの基準で判断しています。

 

プラステンアップに含まれている成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

プラステンアップには危険性の高い成分は使われていません!

 

プラステンアップは、セシウム分析・残留農薬試験・食品分析での国際基準を全てクリアしており、安全性の高さは折り紙付き!

 

日本国内で製造されているという安心感もありますし、子供が飲んでも全く問題のない成長サプリだと言っても良いでしょう。

 

安全性の高い背を伸ばすサプリを探している人は、プラステンアップを選んでおけば間違いないと思いますよ!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ